さんごの暮らし相談室 月と太陽

現代女性の〈心〉と〈体〉と〈関係〉の健康と豊かさ、主体性を応援する相談室です。

Q & A

  Q. どんな症状の人が受けるのですか?

  

A. ご自身のことや周りとの関係性のことで、日々感じられている違和感や葛藤やストレス、お悩みや苦しみがおありでしたら、どなたでも受けられます。また、産後うつ、中年期のうつ、解離、境界性パーソナリティ障害、自己愛性パーソナリティ障害だと思われている方にもご対応しています。医療行為はおこなっておりませんが、必要に応じて連携している各機関をご紹介しております。

 

Q. カウンセリングを受けることに躊躇があるのですが・・・。

  

A. カウンセリングを受けることに対して、躊躇のある方はたくさんいらっしゃいます。むしろ、「カウンセリングは心の病気の人が受けるものだろう」「カウンセリングで良くなるのだろうか」「こんなささいな問題にカウンセリングは必要ないだろう」「家族の問題だから、家族でどうにかできる・しないといけない」と思われている方が多いでしょう。実は、私自身がこのように思ってきた過去があります。しかし、当相談室のカウンセリングは関係療法という心理療法を用いており、これまでカウンセリングで改善がみられなかった方にも安心してご活用いただけるものとなっています。

 

Q.「さんごの暮らし」ということですが、出産後の人じゃないと受けられないのですか?

 

A.いいえ、ご出産経験の有無にかかわらず、すべての世代の女性からのご相談をお受けしております。もちろん、ご出産から数年以上経っていらっしゃる方も、産後直後の方もお受けしております。「さんごの暮らし」の「珊瑚」は女性の象徴という意味です。「産後」は女性の大変化の時期です。ご出産経験の有無にかかわらず、人生には数多くの大変化の時期・転機があります。当相談室の名前には、すべての女性の「人生の転機」に活用していただきたいという思いを込めています。

 

Q. どのくらいの頻度で通えばよいのですか? 

 

A. 基本的にはご自身が必要だと感じられたときにいらしてください。最初の1ヶ月ほどは週に1回くらいのペースで、その後はご自身のペースで月に1回などのように定期的に通われることをおすすめしています。カウンセリングの終了についても、ご一緒に考えていきます。

 

Q. どのくらいの期間、通えばよいのですか?

 

A. ご相談の内容によって、それぞれです。どのようなお悩みで、どのような目的で受けられるのかを、面接の中でご一緒に確認させていただきます。そのうえで、クライアントさまの利益を優先し、こちらから期間をご提案させていただくこともあります。数回の場合もありますし、数か月の場合もありますし、数年の場合もあります。

 

Q. めんげんはありますか?

 

A. 心にも身体にも、よりよい状況へいたる前に好転反応を起こすことがあります。一見すると、状況が悪化したように思われがちですが、これは心と身体の裡なる力が引き起こす回復のための自然な反応です。めんげんがある場合、そのしんどさもサポートしてまいります。もちろん、めんげんがない方もいます。

  

Q. 相談する内容の秘密は守られますか?

 

A. ご相談内容の秘密はお守りいたします。ご安心ください。医療機関等との連携が必要な場合には、ご相談者さまの利益を何よりも第一に考え、必ず、ご相談者さまに連携先との情報共有についてご確認させていただきます。

  

Q. 現象学的関係療法とはどういうものですか?

  

A. 現象学的関係療法とは、従来の個人心理学とは異なり、カウンセラーとクライアントさまとが二人三脚で取り組む心理療法です。「心」の問題には、必ず関係性がかかわります。現象学的関係療法は、関係性の中でこそ心を癒し主体性を育むことができると考える立場です。これまで難しいとされてきた「解離」や「エナクトメント」にも、ご対応しています。

 

Q.現代野口整体とはどういうものですか?

 

A.野口整体とは野口晴哉先生が関東大震災後に創設した、現在のいわゆる「整体」や「カイロプラクティック」の元型です。当相談室では、野口整体の子育て法と産後の女性への操法をとりわけ評価しており、これを軸に現代人向けに間主観的な施術をおこなっています。子どもの風邪の経過やかんしゃく、ご自身のお子さまが発達障害グレーゾーンではないかとご心配されている方にも、全体的な施術とアドバイスをしています。  

 

2019.10.21 Monday