ごあいさつ

カウンセリング整体について

カウンセリング整体」とは、野口整体と深層心理関係療法を統合した療法です。

 

野口晴哉先生が最も得意とされた一側の観察による身体から心への整体的アプローチと、最新の深層心理関係療法による心から身体への心理的アプローチとを同時におこなうもので、現代社会の人びとの心身の症状に対する臨床効果を追究しました。

 

一側とは、背骨の際に通っている7本以上の細い線のことを言います。研究と臨床の結果、この一側にできる硬結と、野口整体の体癖、関係療法の心の主体化水準の関係がわかってきました。

 

野口先生はこの一側の観察がたいへん得意で、「心の問題をいったん体の問題として捉え、体を介して心に働かける」という立場をとられました。

 

IPP(インスティチュート・オブ・プロフェッショナル・サイコセラピー)の富士見ユキオ先生・岸原千雅子先生が提唱する最新の総合的な深層心理関係療法は、「体の問題や関係の問題に、個人の心を介して働きかける」という立場だと、私は理解しています。

 

当相談室の「カウンセリング整体」は、体癖の時間論的展開なども踏まえて取り組まれている小平整体塾の高橋秀和先生の整体指導から着想を得ました。

 

赤ちゃんや小さなお子さまには、高橋先生がアーノルド・ミンデルとのワークによって創られた「ベビーコーマワーク」もおこないますので安心して受けられます(赤ちゃんや小さなお子さまは、保護者の方に抱っこされての施術となります)。 

 

「ベビーコーマワーク」とは、言葉以前のものでコミュニケーションをとる赤ちゃんや子どもの要求を読みとり、症状や気がかりなことの改善を全体性でもって図っていくものです。

 

東洋の素晴らしい秘技と西洋の卓越した技術とを統合した「カウンセリング整体」、心からおすすめできます。

 

 

【ご案内】

・課題によっては関係療法による心理セラピーが適切な場合がございます。また、整体指導が適切な場合がございます。どういった課題にどういったアプローチで取り組みたいか、ご一緒に確認していきます。

・施術にはアロマオイル、音叉なども用います。

・女性は子連れで受けられます。子どもさまを見守りながら施術いたします。